お盆もおわりましたが・・・

お盆休みも終わりましたが。。

お盆と言えば、やはりお墓参りですが、

納骨堂と一般のお墓のお布施マナー&豆知識について紹介しますね。

手軽さと費用の安さから近年主流となりつつある納骨堂ですが、お布施はどのようになっているのでしょう。

まず、一般のお墓へ納骨する場合は新しいお墓なら「開眼供養」を行う必要があります。
すでに代々あるお墓の場合は必要ありません。

開眼供養のお布施は一般的に3万円から5万円ほどです。(お寺や地域によって違いがあります)
メモリアルパークなど住職様にお越しいただいて納骨式をする場合は場合は、納骨式のお布施が「開眼供養」代と同等の金額が必要です。

その他お車代として5000円から10000円程度包むのが一般的なマナーです。

「納骨堂」では永代供養付きプランなどでも費用がすごく安くすみます。

全体的に納骨堂の利用費は一般のお墓より格安でしきたりなども簡素化されていることが多いです。

都会に出てきて都市部や近郊に家庭を持つ方が増えております。

お墓が遠くて中々お参りが出来ないので、ご自分の住まいの近くにある納骨堂に移す方も多いとか。

やっぱりご近所にお墓があると月命日などいつでもお参りに行けて便利ですよね。

納骨堂についての紹介サイト

納骨堂・永代供養 時代と共に変化する都心の新しいお墓のあり方の紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>