最近のお墓のカタチ

最近のお墓のカタチについて思うこと。

昔からあるお寺など先祖代々のお墓のカタチって、ほほ同じようなカタチでしたが、最近は、霊園墓地などでは、洋型墓石がとても増えてきてますよね。

この洋型墓石って、見た目がモダンで、お墓としての格調も高い感じがするので、需要が増えているのだとか。

洋型墓石というのは、どんなカタチかというと、背が低くて横に長いお墓で、今は、およそ8割が洋風の墓石になっているそうです。

昔のお墓って、凸こんなイメージでしたが、霊園墓地に新しく建てられるお墓の場合は、このカタチのものは、本当に少数派のようです。

本来、洋墓は、キリスト教徒の方が選択されるものなのでですが、キリスト教徒の少ない仏教徒中心の日本においても、最近は洋墓を選んでいるそうです。

実は、この洋墓が本格的に流行り出したのは、東日本大震災が原因なのだそうです。

あの震災の際にたくさんのお墓が壊れる被害があったので、それを教訓にすて、洋墓の需要が増えてきたようです。

洋墓は、地震に強い造りにするため、倒れにくい形をより重視するようになったのだそうです。

また、和型に比べると高さが低く、掃除がしやすいので、お手入れが楽なのも人気の理由なのだとか。

それになんと言ってもデザインがおしゃれだし、洋型墓石には、昔の「○○家之墓」のような家名ではなく、「愛」や「心」など故人の好きだった文字や言葉などの他にも独自のメッセージを彫ったり、レリーフを施す方もいますよね。

お盆もおわりましたが・・・

お盆休みも終わりましたが。。

お盆と言えば、やはりお墓参りですが、

納骨堂と一般のお墓のお布施マナー&豆知識について紹介しますね。

手軽さと費用の安さから近年主流となりつつある納骨堂ですが、お布施はどのようになっているのでしょう。

まず、一般のお墓へ納骨する場合は新しいお墓なら「開眼供養」を行う必要があります。
すでに代々あるお墓の場合は必要ありません。

開眼供養のお布施は一般的に3万円から5万円ほどです。(お寺や地域によって違いがあります)
メモリアルパークなど住職様にお越しいただいて納骨式をする場合は場合は、納骨式のお布施が「開眼供養」代と同等の金額が必要です。

その他お車代として5000円から10000円程度包むのが一般的なマナーです。

「納骨堂」では永代供養付きプランなどでも費用がすごく安くすみます。

全体的に納骨堂の利用費は一般のお墓より格安でしきたりなども簡素化されていることが多いです。

都会に出てきて都市部や近郊に家庭を持つ方が増えております。

お墓が遠くて中々お参りが出来ないので、ご自分の住まいの近くにある納骨堂に移す方も多いとか。

やっぱりご近所にお墓があると月命日などいつでもお参りに行けて便利ですよね。

納骨堂についての紹介サイト

納骨堂・永代供養 時代と共に変化する都心の新しいお墓のあり方の紹介